脂肪吸引でお腹をひきしめる【役立つ情報まとめ】

横顔の女の人

美容整形を頼る時

女性

女性は幾つになっても美しさを気にするものですが、年と共に代謝が落ちてお腹周りに脂肪がついていくものです。セルフケアで対処ができない場合、美容整形で脂肪吸引を行ってみるのもよく、方法の一つとして知っておくといいでしょう。

Read More

部分痩せができます

女性

スリムな体型を作ろうとダイエットを行った結果、胸のサイズまで小さくなってしまう場合があります。胸についた脂肪を残しつつ、お腹まわりなど気になる箇所だけ痩せたい場合には、脂肪吸引を利用するとよいでしょう。

Read More

引き締まったウエストに

切る切らないの判断ができます。脂肪吸引でお腹の治療を行なうのであれば、ココで種類をしっかりと確認しておきましょう。

脂肪の多さと効果の高さ

微笑む女性

お腹には、体の中でも特に多くの脂肪がつきます。しかも現在の日本では、引き締まった細いウエストが尊ばれているので、お腹が脂肪でたるんでいる人の多くが、コンプレックスを抱えています。しかしお腹の脂肪は、美容外科での脂肪吸引で、比較的簡単に除去することができます。お腹は、ふくらはぎや太ももと比較すると、筋肉と脂肪とがそれほど複雑には入り組んでいません。そのため細い管を2本ほど通せば、それだけでお腹全体から多くの脂肪を吸引できるのです。また、脂肪の量が多いからこそ、お腹の脂肪吸引では高い効果が期待できます。個人差があるものの、脂肪吸引後には、ウエストサイズが大幅に減ったという人が多いのです。10センチほど減らすことも、可能となっています。

除去できるのは皮下脂肪

ただし脂肪吸引によって除去できるのは、皮下脂肪のみとなっています。お腹には内臓脂肪も存在しているのですが、これは内臓を覆うような形でついています。無理に吸引すると、内臓にダメージを与えてしまう可能性があるので、安全のために脂肪吸引では皮下脂肪のみが対象とされているのです。しかし脂肪吸引によって皮下脂肪が少なくなれば、内臓脂肪も徐々に減っていくことになります。なぜなら内臓脂肪も皮下脂肪も、もともとは体を動かすエネルギーとして体内に蓄積されているものだからです。そのため皮下脂肪が少なくなれば、体はエネルギーを内臓脂肪から使おうとするのです。もちろんエネルギーをあまり消費しない生活をしていると、内臓脂肪は減りません。むしろ増えてしまう可能性もあるので、積極的に体を動かすことが大事です。

ウエスト周りの脂肪

美容注射中のレディー

お腹についた脂肪を落とす脂肪吸引は、即効性のあるダイエットです。脂肪吸引を受ける時には、条件の良い美容クリニックを選ぶことが大切です。妊娠中の場合は脂肪吸引を受けることができません。施術後に禁止されていることもあるので注意が必要です。

Read More

このエントリーをはてなブックマークに追加